パンテーラ・ジャパンのQ&A〜よくある質問〜

固定フレーム・モジュラータイプ・重量に関するQ&A
用途に関するQ&A
介助者に関するQ&A
シーティング・車への積み込みに関するQ&A
機種・オプション・仕様に関するQ&A
調整に関するQ&A
購入手段・メンテに関するQ&A

固定フレーム・モジュラータイプ・重量に関するQ&A

固定フレームのメリットを教えてください。

車体のたわみが少ないので、駆動させる時に力のロスが少なくなります。
折りたたみ機構が不要な分、軽量化できます。軽い力で長時間こぐことを可能にするのは、なんと言ってもこのフレームの形状・材質によるものです。

パンテーラは折りたためますか?

パンテーラのシャーシ部は固定フレームですが、バックレストを前に倒して折りたためます。
車輪を取り外せばコンパクトで軽量になりますので、車への積み込みも楽になります。

モジュラータイプってどういう意味ですか?

基準寸法をもとに構成されたモノの基準寸法をモジュールと呼びます。
この方式を採り入れて設計された車椅子を「モジュラータイプ(モジュール型)車椅子」と呼んでいます。
同じデザインでも利用者の体格に応じて車椅子のサイズを選ぶことができます。
また、車椅子の基本フレームに取り付けるパーツが規格化されていますので、利用者のニーズに応じて選択できます。
ですから、成長や変化にあわせ、使っている途中でもパーツなどを変更することができます。

パンテーラの強度・耐過重は?

成人用のモデルは耐荷重は100kgで、一番大きいサイズ(座幅50p)のものは150sです。
世界でもっとも厳しいといわれるスウェーデンの規格をクリアしています。
丈夫で長持ちすることも特徴です。

一番軽い機種はどれですか?

U2 Light「U2ライト」です。6.9s(クッション除く)です。
現在、量産モデルで耐荷重100kgの車椅子では世界最軽量です。

用途に関するQ&A

スポーツに使えますか?

石母田正則さん車椅子ダンスでは、そのままでも使用可能で、メダル獲得者も少なくありません(ユーザ広場ページをご参照ください)。
競争や球技に使っている方もいますが、キャンバー角(※注)を、競技にあわせて変えることも可能です。
※注 キャンバー角 車椅子を後ろから見たときに左右の駆動輪がハの字型になっていて、その傾斜角をキャンバー角と呼んでいます。通常2.2°ですが、4°、8°、10°、12°、14°、18°を選択することが可能です。

高齢者の介護用に使えますか?

S2swingパンテーラ社の車椅子は基本的には自分で動き回りたい方のために開発されてきました。
しかし2006年に登場したS2スウィングはパンテーラ初のスウィングアウトタイプで、移乗しやすさが特徴となっております。
介護を必要とされるユーザ層かもら高い評価を集めています。

電動ユニットがつけられますか?

S2」と「バンビーノ」に、TRD−1((株)アクリテック製)が取り付けられます。

ハンドサイクルはつきますか?

つきます。(最小モデル「ミクロ」以外) 
ハンドサイクル側のサイズの適合が必要です。

介助者に関するQ&A

介助者のための押し手はありますか?

手押しハンドル3種類の押し手がオプションパーツからご選択できます(くわしくは、「パンテーラ用アクセサリー一覧」ページをご参照ください)。
高さ調整式は介助者の身長に容易に適合できます。
一体型の手押しハンドルもあります。

介助者用ブレーキは付きますか?

純正パーツはありませんが、取扱店によっては準備している場合もあります。

介助者にとって扱いやすい機種はありますか?

S2swing可動部の多いエックスフレームに比べ、固定フレームは驚くほど軽い力で押すことができます。
未舗装の道路を試してみればすぐわかります。
また、車輪が取り外せ、本体も折りたためるので車のトランクに積み込むのも容易です。
S2スウィングはフットレスト部が外側だけでなく内側にも折りたためるので、便器やベッドへの移乗介助も楽になります。

シーティング・車への積み込みに関するQ&A

なぜ長時間、楽に座れるのですか?

ヒトの上半身は起きているとき(臥位を除けば)は、立位の状態が一番楽になるつくりになっています。
パンテーラという車椅子は、座っていても骨盤を立位に近い状態を維持できる機能を持っているのです。
バックレスト(背もたれ部)が利用者の骨盤から支える構造を持っていますし、骨盤の座面に接する部分(坐骨部)が前に滑り出さない形状(アンカーサポート)になっています(詳しくは「早わかりシーティング」のページをご参照ください)。

どうして軽い力で動かせるのですか?

たわみが少ない固定フレームなので、駆動輪に加えた力が、そのまま推進力になるからです。
また、車椅子は駆動輪に荷重がかかるときが一番軽く動きますが、パンテーラは車軸の位置を利用者の能力に応じて調整できるので、最も軽く駆動できるように設定できます。
さらにキャンバー角が付いているので、旋回が容易で、しかも直進性も安定します。

自分で運転する時、車内にパンテーラを積み込むことができますか?

車輪をはずすと本体は小さく軽くなるので、比較的容易に積み込むことができます。
重さを分割して積み込むことにより、肩への負担を減らすことができます。
実際の車への積み下ろしをムービーでご覧いただくことができます。

機種・オプション・仕様に関するQ&A

S2とU2の違いは?

キャスタホイールのサイズ(U2との比較)

まず一番の違いは、キャスタの車輪の大きさの違いです。S2は約4.5インチ(約115ミリ)で U2は約3.5インチ(約90ミリ)です。
次に、U2のフレームはレッグレスト部分が座幅に比べてかなり狭くなっています。S2は座幅と同じです。
以上の2点が、形の上ですぐわかるところですが、どちらを選ぶのかという時の目安は、キャスタ上げ(ウイリー)ができるかどうかというところで決まります。
それができれば、U2も選択肢に入ります。
U2は座面の奥行きを35pから40cmまで調整できますので、身長150pから180cmくらいの方まで対応できます。(※S2については、後に詳しく説明しています。)

U2の座面シート

S2の小さいモデルとバンビーノ、どちらを選んだらよいのでしょうか?

もともとバンビーノは成長の著しい学童のためモデルで、座幅は27cm、30cm、33cmの3タイプが用意されています。学校に入る前あたりから中学校あたりまでが主な対象者で成長に対応しやすいモデルといえます。
一方、S2は成人用のモデルですが、小柄な方や子どもさんにも対応できるように座幅が30cmから設定されています。バンビーノフットプレートをつけることもできます。座幅が変わらなければ、身長の伸びにあわせ、高い位置のフットプレートを低いチタンフットレストに交換することが可能です。
S2の座幅30cmの通常モデルの座面奥行きは35cmですが、奥行き調整(27cm〜33cm)ができる座面シートも選択できます(座幅30cm、33cmのみ)。バンビーノの場合は座面奥行きが25cmから32.5pまでの調整式になっています。
バンビーノの駆動輪は20インチ(車輪の直径:約50cm)・22インチ(約55cm)・24インチ(約60cm)から選択可能。
S2の車輪は22インチ(約55cm)、24インチ(約60cm)、26インチ(約65cm)の3種類の設定。
バンビーノには転倒防止補助輪が標準装備(耐荷重75s)となっています。
S2バンビーノに比較するとシンプルです。軽量にして強靭なフレーム構造(耐荷重100s)です。
S2の小さいモデルとバンビーノの選択は、デモ機を借りてよく比較検討してください。

S2のスタンダードとショートの違いを教えてください。

座面奥行きの比較
フレーム形状の違い

S2は、座面のシートの奥行きが40cmタイプと35cmタイプの2種があります。身長によって選択します。
では、「その境は?」と問われると身長170cmから175cmあたりです。
160cm台の方は、「S2ショート」というフレームを選んでください。フレーム(シャーシー)が全体に5cm短くなり、狭いところでのターンが有利になります。
170cmから175cmあたりが境界ですが、175cmの方でも座面奥行きが問題なければ、「S2ショート」がお勧めです。通常タイプ(スウェーデン人は世界で最も背が高いので、座面奥行きの長いタイプが通常タイプ)より小回りが利くので、アクティビティがより高まります。
クッションの奥行きも2サイズあります。ショートは41cmで、通常タイプは46pです。
バックレストにしっかり腰を支えたときに、もしクッションが長いと感じられたら、カバーからクッションの中身を抜き出して、前を数cmハサミでカットして使うこともできます。

U2のショートはありますか?

U2座面シート

U2はフレームは一種類ですが、奥行きが35pから40cmまで調整可能の座面シートが装備されています。
身長150pから180cmくらいの方まで対応できます。
クッションはスタンダード・ショートのどちらも選択できます。

U2というネーミングの由来は?

そもそもU2というネーミングは英語の「You 2」からで、「あなたの2台目の」という意味が込められています。
U2はレッグレストの部分が狭くなっているので、膝から下がすっきりと納まり、とてもきれいに見えます。
しかも、急激なターンの時にも遠心力で脚がずり落ちることがありません。
U2は乗る人を選びますが、それにピタッとはまる方には、これ以上の車椅子は世界広し、と言っても存在しないはずです。

U2ライトってどんな車椅子?

panthera U2 lightU2ライトは車椅子に乗り慣れた方のための特別な車椅子です。
坂道をキャスタを挙げたままで安定して降りることができるような方が使います。
軽量化するために、あらゆるパーツが見直されています。
車輪はスポックスが標準装備です。
車軸位置が固定されており、転倒防止補助輪はとりつけられません。
シートはナイロン製、サイドガードはカーボンファイバー製です。
U2ライトの車軸位置は通常とライトバランスの2種類があり、バックレスト前後位置調整はそれぞれ3段階から選べます。

U2ライトのライトバランスってなんですか?

U2ライトは、車軸位置が、通常のU2のエンドパイプより75mmに設定したのと同じ位置に固定されています。
ライトバランスは100mmとさらに前の設定です。これによりキャスタ挙げが容易にできるというわけです(くわしくは、「U2ライト」ページの取扱説明書をご参照ください)。

フレームカラーは青のみですか?

S2U2も標準色はやや色合いは異なりますが、青です。
バンビーノはワインレッドです。
メーカオプションカラーとして黒が選択できます。
また別途、特注塗装も承っております。カラーサンプルをご用意しております。

車輪の種類について教えてください。

標準はパンテーラオリジナルのスポークタイプですが、スパイダー(マグネシューム合金)やスポックスも選択できます。
雪道やダートを走るためのマウンテンバイク用車輪もオプションされています(くわしくは「パンテーラ用パーツ一覧」ページをご参照ください)。

ブレーキの種類について教えてください。

大きく分けると2種類あります。
ハイブレーキは座面のフレームに取り付け、左右別々に操作するタイプで、力が弱い方のためのものです。
もうひとつはワンハンドブレーキと呼ばれており、片方のレバー操作で両輪にブレーキがかかります。レバーは右左を選べます。
右ハンドルの自動車に乗る方は左レバーを選択されることが多いようです(くわしくは「パンテーラ用パーツ一覧」ページをご参照ください)。

サイドガードやアームレストの種類について教えてください。

3種類あります。
樹脂製のサイドガードは一番軽く、衣類などが車輪に絡まるのを防止します。
ニューサイドガードは、樹脂プレートにアルミの支柱を取り付けたもので、肘の当たるが張り出しており、耐久性にすぐれています。
アームレストは肘を支えることができるもので、デスクワークが多い方にはお勧めです。ただし、一番重量があります。アームクッションは長短2種類から、アームレストの高さも2種類から選択できます。
簡単な着脱式なので、必要なときだけ使えます。(くわしくは、「パンテーラ用アクセサリー一覧」ページをご参照ください)

パンテーラのフレームなどに用いられている素材は何ですか?

鋼の一種でクロームモリブデン鋼です。
バネのような弾力性を持ち、路面の凹凸を吸収します。乗り心地がソフトだといわれるのはこの素材の特性を利用しているからです。
ちなみにパンテーラのパイプの肉厚は、0.6oです。

どの位の空気圧ですか?なぜ米式バルブを採用しているのですか?

7.5kgf/cm(約7.5気圧)を標準にしている高圧タイヤを採用しています。
米式バルブは空気圧の調整が容易であることと、乗用車と同じバルブなので、ガソリンスタンドでも空気入れができます。

チタンハンドリムのメリットを教えてください。

チタンは、比較的軽く丈夫で塗装しないでも錆びません。
また、坂道を降りるとき、ハンドリムを手で制御するときに、熱くなりにくい金属です。
金属アレルギーが最も少ない金属ですし、雨のときも他の金属のものよりは、すべりにくいという性質を持っています。

耐過重はどれくらいですか?

成人モデルは耐荷重100kgが標準です。
座幅が45cmのものは125s、50cm幅のS2は耐荷重は150kgをクリアしています。
パンビーノは75kgです。

調整に関するQ&A

座面の高さは変えられますか?

駆動輪の車輪径・車軸取付位置、合わせてキャスタの高さを変えていくことで、座面の高さを変えることができます。また、クッションの厚みにより座面を高くします。

足こぎはできますか?

panthera S2 swingパンテーラは足駆動を前提に設計された車椅子ではないのですが、S2はキャスタが外に取り付けられており、足を車体の中に入れても踵があたらないようなフレーム構造になっています。
座面の高さが合えば、快適な車椅子になります。
スウィングアウトタイプのS2スウィングはレッグレスト部からそっくり取り外せるので、足駆動に最適です。

バックレスト高は変えられますか?

それぞれの座幅ごとに、20p、25p、30p、35p、40pの5種類があります。
また。バンビーノは17p〜25p、27p〜35pの2種類の可変タイプがあります。
クッションの厚みにより座面の高さが変わると、バックレストの高さも変わりますのでご留意ください。

バックレストの高さはどうやって決めればいいですか?

パンテーラは、ティルトやリクライニングができませんので、首が座っている方でないと使えません。
適切なバックレストがあれば安定して座れる方を対象にした車椅子です。
そのような方が使う場合、肩甲骨の下端より高いバックレストは適切ではありません。
適切な座位姿勢を想定し、その姿勢を側面(矢状面)から見たときに、脊柱が後方へ張り出した高さよりも少し下までの高さです。

購入手段・メンテに関するQ&A

価格はいくらくらいでしょうか?

価格表(PDF書類)をご覧ください。
標準装備の基本価格にオプションパーツや付属品などを加算した価格になります。
また、各車種ごとの商品情報ページには、カスタマイズ例別による価格も表示させていただきましたので、ご参照ください。

購入方法を教えてください。

正規の教育を受けたパンテーラ取扱店からご購入できます。

購入前にデモ車に乗ることはできますか?

是非お試しください。
お電話やお問い合わせページよりお問い合わせいただければ取扱店をご紹介いたします。
担当営業が最適のデモ機選定します。
1週間ほどの貸し出しも可能です。

お電話でのお問い合わせは029-257-2522までお気軽にお問い合わせください。受付時間は9:00〜17:00(土日祝日および弊社休業日を除く)携帯電話からもご利用いただけます

福祉の制度は利用できますか?

身体障害者手帳を所持し車椅子の必要が認められれば、限られていますが購入補助金が受けられます。

アフターサービスはどうなっているのでしょうか?

取扱店が責任をもって対応します。
また弊社にもお問い合わせいただけます。

耐久年数はどれくらいですか?

消耗部品(タイヤやシートなど)を除きますが、基本のフレーム部は5年保証です。
またその他のパーツは1年保証で、保証期間内に通常の使い方で生じた破損は無償で交換します。

copyright panthera-japan