軽い操作性(Driving)…世界の車椅子を変えたパンテーラの魅力

第10章 ハブについて

パンテーラの標準車輪のハブは、他ではあまりないタイプ

パンテーラのハブは55o
(一般的なスポーク付き
のハブ 60mmくらい)

「パンテーラはスポーティだけど、それ自体はスポーツ用ではない!」つまり、あくまでも日常用の車椅子。

キャンバをつけたことで広くなった車幅を補うために、ハブの厚みが薄くなっている。


 


右図はハブの模式図(ハブが厚くなると、車輪の強度はアップする。スポークが帆柱に張ったロープの役割で、この三角形の底辺が大きくなれば安定性と強度が増す)


アルミ製の車輪リムに施された工夫・・・
リムに掛かる負担により必ず金属疲労が進行するので、
その予防策としてリムの穴を鳩目で補強している。


世界の車椅子の流れを変えたパンテーラの秘密の一端がご理解できましたでしょうか?
次は実際に乗って体感してください!



copyright panthera-japan